クルマとカメラで遊ぶ日々---

dokido.exblog.jp ブログトップ | ログイン

コッツウォルズ観光(バイブリー)

コッツウォルズとは「羊小屋のある丘」という意味で、ロンドンの北西200km、車で2時間の丘陵地帯に広がる、かつての羊毛産業で栄えた古き中世の面影を残した村々が点在する地域。
バイブリー(Bibury)は、コッツウォルズにある美しい村。画家、詩人、インテリア・デザイナーであるウィリアム・モリスが「イングランドで最も美しい村」と賞賛した、コイル川沿いの小さな村。
バイブリーの魅力は、なんといっても14世紀に造られた建築の保護地域である「アーリントン・ロウ」。中世に建てられたそのコテージは、修道院の羊毛倉庫として使われていたが、17世紀に織物工が住むコテージに改築され、現在はナショナル・トラストにより管理されている。
c0220084_23161558.jpg

6/8(木)
画像 27枚




ロンドン パディントン駅 8:15発のNBRに乗車。
c0220084_23234724.jpg

途中 スウィンドン駅で乗り換えケンブル駅へ
c0220084_23254697.jpg

ケンブル駅からバス882番
c0220084_23293266.jpg
c0220084_23342412.jpg

サイレンセスターでバス855番に乗り換え。バス賃は一人往復£7.5
c0220084_23360579.jpg
11時過ぎにやっとバイブリーに到着。

最初に行ったのは セント・メアリー教会。雨(>_<。。)
c0220084_23541044.jpg
c0220084_23460559.jpg

教会の墓地の向こうにバイブリー・コート・ホテル
c0220084_23512193.jpg

そろそろ昼食をと言うことで小さなティールームに入った。
c0220084_00010068.jpg
そこで食べたもの。
例によっていろいろ注文して皆でシェアした。名前は記録してない。f^^;)
総額£64.6
c0220084_00024661.jpg


いよいよメインのアーリントン・ロウに入る。食事をとってる間に雨はやんでくれた。
c0220084_00052890.jpg

c0220084_00053901.jpg

c0220084_00055270.jpg

c0220084_00060814.jpg


アーリントン・ミル(水車小屋)に向かう。
残念ながら工事中
c0220084_09155515.jpg

その隣のお土産屋さん。
c0220084_09160012.jpg

奥にはマス養殖場が見える。
c0220084_09160215.jpg

狭い村なのであちらこちら探索。
c0220084_09194350.jpg

c0220084_09194652.jpg

c0220084_09194852.jpg


村の中を流れるコイル川。
多くの観光客が訪れる。
c0220084_09230351.jpg
c0220084_09230893.jpg


帰る前に、スワンホテルでティータイム。6人で£16。
c0220084_10134861.jpg


再びバス855番、882番を乗り継いでケンブル駅へ戻る。
丁度パディントン行の17:19の列車がある。今度は乗り換えなくてよい。
c0220084_09283042.jpg
c0220084_09283429.jpg


時間通りパディントン駅に戻って来た。
この赤いドアの列車、ドアハンドルが外にしかない初心者には驚くべき列車なのである。
中の客はどうするって。窓ガラスを下ろして、手を伸ばして開けるのだ。(>_<...)
c0220084_09283656.jpg

スーパーで買い物をしてホテルへ戻る。






by dokido_kiki | 2017-06-28 23:39 | イギリス旅行

ブログタイトルは今のところ夢かな。出かける時はカメラを携えて、気ままに思いつくままにシャッターを切っている。  愛車は英酷車


by 騏驥Zii
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30